秋ヶ瀬フェスとは?

さいたまが発信する野外フェス。遊び場は、ここにある。

さいたまゆかりのミュージシャンやお店による、手作りイベントです。

ライブの音楽を浴びながら、美味い料理と飲み物を味わい、

そしてこだわりの雑貨屋さんたちを楽しむ。豊かな自然の中で、

気持ちのいい風が流れる夏の一日、子どももおとなも楽しめる野外フェス。

それが「秋ヶ瀬フェス」です。

秋ヶ瀬フェスを

開催する

理由

さいたま市にある広大な秋ヶ瀬公園。自然に囲まれたこの場所で、

年に一度、地元を中心に多くの方に来ていただき、

それぞれの想いを込めた音楽や食べ物、アート作品などを持ち寄り、

体感し、それらに触れ、交わることにより、

生活の場である地元・地域への認識を高めます。

さらにはこの場所での出会いを起点に、

コミュニティがさらに広がり深まり、次の時代へと繋げていくことを目指します!

発端の経緯

こじんまりとしたJR西浦和駅前の高架線下、家路に急ぐサラリーマンや学生が行き過ぎる。

そんなところにあるRaggae Café&Bar HONEY BEE。

「何か楽しいイベントをやって地元を盛り上げたい」「秋ヶ瀬・田島ヶ原という、過去に素晴らしいイベント

(70年代初頭、URC・ウラワロックンロールセンターにより開催された田島ヶ原フリーコンサート)が行われていた場所で、

新たな試みをやりたい」という人が出会い、そこから派生したメンバー6人が密かに集まりました。

年齢、性別、職業もバラバラ。思考や意見の違いを乗り越えて、考えあぐねているよりも、とにかく行動しよう、

「やっちゃえ!」と多少フライング気味に、昨年第一回開催の運びとなりました。